pipelog Guru 忍者ブログ
メイプルストーリーで遊ぶpipeの日常を綴る日記です。 山もなく、落ちもなく。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「Guru」という曲は、大槻ケンヂ個人名義やらスケキヨやら筋肉少女帯やら、
いろんなアルバムに入っているんですけれど、聴き比べていたらどっぷりと。
語りありバージョンを聴くと、あああ なるほど と思うけど、なしバージョンもそれはそれでいいと思う。
そしてやっぱり三柴理ってすごい。筋少聴いてても思うけどライブで特にかっこいい。
三柴理のピアノだから感動するところもあると思うなぁ・・・


大槻ケンヂの、曲に対する世界観の植えつけ方や表現力、物語の奥深さは秀逸だと思います。
一曲5分~10分くらいの時間で、一本の映画を観ているような感じがあります。
筋肉少女帯でいけば、アルバムごとにコンセプトっぽいものがあったりなかったりですが、
アルバム通すとまた意味を持ってくるものもあったりします。・・・どこまで意図しているのかはわからないけど。

時代によって雰囲気がだいぶ違うけど、病的なものやお馬鹿なものや感動的なものやいろいろありまして。
昔は特に苦悩、自虐、自問、みたいな部分が多かったんじゃないかなと。

言葉が文章になって、物語になって、それが音楽と合わさったときの威力がすごいです。

中には「なんてこと歌ってるのこの人は!w」と思うのもあったりするし、
ライブでは歌詞間違いだらけで、たぶん本人含め「ずこっ」ってことも少なくないけれど(笑)
でもそれも含め大槻ケンヂはいいなぁ、すごいなぁと思います。

延々と聴いていたら、つい衝動買いをしてしまいました。
凍結前最後の頃はちょっと筋少から離れてて買ってなかったんですよね。借りて聴いたけど。


サンフランシスコ
「サンフランシスコ10イヤーズ・アフター」が・・・ 

最後の聖戦
「境目のない世界」が・・・ 

ツアーファイナル
「ドナドナ」が・・・

サンフランシスコと最後の聖戦の頃は、「あぁもう筋少解散なのかな・・・?」っていう雰囲気そのもので、まぁ実際にその後凍結してしまうんですが、今聴くとまた違う感じ方をするんじゃないかなと思います。
ツアーファイナルは現段階での最新?シングルですが、これに入ってる4曲のライブ映像が、DVD「サーカス団、武道館へ帰る」に収録されていて、あ、ドナドナいいなと思いまして。タイトル曲も好きですが。


「ツアーファイナル 僕らは 同じ夢を見た また会おう その日も ああ 今夜のように」



金曜日到着予定。でもきっと家にいなくて受け取れないから土曜日になるかな・・・


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[377]  [378]  [376]  [375]  [374]  [373]  [372]  [371]  [370]  [369]  [368
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
いらっしゃいませ
わたくし
pipe(ぴぺ)といいます
MapleStory さくら在住
ほぼ隠居、細々と活動中
趣味
最新CM
[01/22 pipe]
[01/22 dogseongbun]
[12/26 pipe]
[12/25 ジュリ]
[12/15 pipe]
[12/13 通りすがり]
[12/04 pipe]
[12/04 そーらー]
[11/24 pipe]
[11/23 ichigoりんご]
最新記事
(03/15)
(02/19)
(02/17)
(02/15)
(02/14)
最新TB
ブログ内検索
アクセス解析

忍者ブログ [PR]