pipelog 獣の奏者 忍者ブログ
メイプルストーリーで遊ぶpipeの日常を綴る日記です。 山もなく、落ちもなく。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


獣の奏者おもしろかったです。


上橋 菜穂子
獣の奏者



NHK教育でアニメやってるんですね。(けっこう前から)
大人も楽しめるファンタジーでした。
そして大切なことを教えてくれる物語だと思います。

実家では昔牛(繁殖牛)を飼っていて、けっこう身近に動物がいたんです。一般的にイメージされる大きな牛舎じゃなくて、2頭入れるくらいの小さな馬屋で1頭だけ飼っていて、子供が産まれるとその間は2頭なんですが。だから牛舎でたくさん飼ってるのとは違って、1頭だけ相手にして世話をして、手渡し?で草を食べさせたり、ブラシをかけたりしていました。子牛が産まれるところにも何度か立ち会って、今思うとあれは貴重な経験だったなぁと思います。子牛がちょっとずつ賢くなって大きく育っていくのを見てるのも好きでした。

そんな環境もあったと思うんですが、小さい頃は獣医になりたくて。高校の頃から少しずつ興味が植物に向いていったことと学力が足りなかった(これが一番か・苦笑)こともあって獣医さんにはなれなかったわけですが。

そんな私にはおもしろいお話でした。
物語の中で、エリン(主人公)が動物に対峙する時の真摯な姿勢が印象的です。
ちょっと上手く行きすぎ?な感じもするけれど、読んで良かったです。
エリンが成長していく様子だけじゃなくてまた一つ深いテーマがあるので、
この辺は読んでいただきたいなと思います。(上手く書けないので)


ちなみに、上橋菜穂子さんの「守り人シリーズ」もおもしろいです。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ドナドナの反対の仕事をしている私としては、小規模な繁殖農家がどんどん減っているので、形質的にも遺伝的にも画一化された牛が増えて仕事がいまいち面白くないです。
にーに 2009/11/18(Wed)16:22:58 編集
>にーにさん
和牛の繁殖を経営という面から考えると、やはりどうしてもそうなってしまいますよね。多様性を考えると危険も孕んでいるとは思うんですが、仕方のない部分もありますね・・・

pipe 2009/11/18(Wed)21:48:14 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[661]  [660]  [659]  [658]  [657]  [656]  [655]  [654]  [653]  [652]  [651
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
いらっしゃいませ
わたくし
pipe(ぴぺ)といいます
MapleStory さくら在住
ほぼ隠居、細々と活動中
趣味
最新CM
[01/22 pipe]
[01/22 dogseongbun]
[12/26 pipe]
[12/25 ジュリ]
[12/15 pipe]
[12/13 通りすがり]
[12/04 pipe]
[12/04 そーらー]
[11/24 pipe]
[11/23 ichigoりんご]
最新記事
(03/15)
(02/19)
(02/17)
(02/15)
(02/14)
最新TB
ブログ内検索
アクセス解析

忍者ブログ [PR]